カーブス料金

ストレッチは反動をつけずにゆっくりと

太ももは反動をつけてストレッチすると、元に戻ろうと対抗する力が発生します。そうすると、その力の影響で十分なストレッチ効果が得られません。

 

太もも前面のストレッチ方法
1.まっすぐ立って、右ひざを折り曲げて、両手で右足の甲を持ちます。
2.背すじを伸ばし、右足のかかとをおしりへ引き寄せます。
3.反対も同じように行いましょう。

 

※バランスが崩れないように注意して行いましょう。

 

4.床に横向きになり、寝転んでください。
5.右ひざを折り曲げて、右手で右足の甲をつかみます。
6.左手は、頭上に伸ばしておきましょう。
7.かかとをおしりに引き寄せ、ヒザを後ろへ引きます。
8.反対側も同じように行いましょう。

 

太もも後面のストレッチ方法
1.床に座り、左脚を伸ばします。
2.右脚を、左の太ももの内側にかかとが触れるまで曲げます。
3.息をはきながら、左脚を伸ばしたまま、体を左の太ももに近づくように曲げます。
4.太ももの裏側が伸びていると感じたら、そのまま少し静止します。この時、右脚が床から離れないようにします。
5.反対側も同じように行いましょう。

 

6.あお向けに寝て、両膝を立てます。
7.右ひざを曲げたまま引き上げ、両手で右足首の少し上をつかみます。
8.右脚を胸のほうへゆっくりと引き寄せます。
9.右ひざを少しずつ伸ばし、太ももの裏側が伸びていると感じたら、そのまま少し静止します。反対側も同じように行いましょう。

運動後に十分なストレッチを行いましょう。

十分な準備運動をせず急に運動を始めると、肉離れなどのケガを引き起こすおそれがあります。

 

運動前にはケガ予防のために、運動後には筋肉の疲労回復のために、必ず適度なストレッチを行いましょう。

 

太もも内側のストレッチ
1.イスに座り、お尻よりもやや広めに両脚を開きます。
2.足は床につけ、つま先は外側に開きます。
3.手をヒザにおいて息を吐きながら、背筋を伸ばして体を床のほうへ曲げます。
4.手でヒザを外側に押し、太ももの内側が伸びていると感じたら、そのまま少し静止します。

 

5.右脚を前にして、両脚を60cmほど開いて立ちます。
6.左足のつま先は、正面に対して外側に90度開きます。
7.手を腰におき、息を吐きながら右ヒザを前方に出して、体重をかけていきます。
8.太ももの内側が伸びていると感じたら、そのまま少し静止します。
9.反対側も同じように行います。

 

ふくらはぎのストレッチ
1.腕立て伏せの姿勢から、両手を両足のつま先に近づけて、おしりを上げながら三角形をつくります。
2.お尻が一番高くなった状態で左脚を上げ、右足のかかとをゆっくりと床に押し付けます。
3.ふくらはぎが伸びていると感じたら、そのまま少し静止します。
4.反対側のふくらはぎも同じように行いましょう。

 

5.右脚を、段差に乗せ息をはきながらかかとを下げます。
6.ふくらはぎが伸びていると感じたら少し静止しましょう。
7.ふくらはぎの反対側も同じように行いましょう。

 

カーブス 料金